誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

高齢社会と認知症

認知症

高齢社会と認知症
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

高齢社会と認知症の知識

認知症の概要

「超高齢社会」とは!
世界保健機構(WHO)では、65歳以上の方を「高齢者」と位置付けています。現在、日本の高齢者は約3334万人です。
日本の総人口は約1億2,700万人ですから、総人口における高齢者割合は約26.34%(高齢化率)となります。
◆WHOの定義では、高齢化率が21%超の国を「超高齢社会」と呼びます(超高齢社会国:イタリア、ギリシヤ、ドイツ)。
◆2025年には、認知症患者は700万人を超えるとの推計が出ており、5人に1人が認知症になる計算です。
◆介護士等の専門職が不足する事態も想定されることから、介護・介助の専門職の確保が急務となっています。


認知症とは…?
後天的な原因による脳の疾患により認知機能が低下し、“日常生活や社会生活に支障が出ている状態を「認知症」と
呼びます。現状、認知症患者は約462万人と言われ、今後更に増え続けると予想されています。
◆世界初の症例から110年、いまだ詳細解明に至らず、有効な治療法や治療薬は確立されていません。
◆主な要因は「老化」と言われています。従って、誰でも発症する可能性があり、決して「特別」ではありません。
◆改善が困難なため、日頃からの適切な対応やケアを含め、「認知症予防」の観点が重要視されています。
◆様々な要因により、神経間の情報伝達が困難となっていく「情報伝達障害」であることを認識しましょう

軽度認知症(MCI)とは…?
この段階で発見し予防することが大切です。

日常生活動作や全般的な認知機能は正常ですが、年齢や教育レベルの影響だけでは説明が出来ない「記憶力低下」が
存在する状態を「軽度認知症」と呼びます。定義で言う「認知症」ではないですが、数年後(3~5年後)に「認知症」
になる可能性が高く、「認知症予備軍」とも呼ばれます。適切な治療・予防によって、「症状改善の可能性」があります。
◆「正常な老化」と「正常でない老化」の見極めが非常に難しく、症状の発見や診察が遅れる場合が多いと言われます。
◆自覚症状があり、家族も認識しているケースが多い様ですが、放置され「早期診断」が遅れている状況です。
◆MCIを超えた症状進行の改善は困難ですが、MCIでの適切な治療・予防は、「健常回復」のラストチャンスです。

鼻から認知症予防ができます。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録